04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

プロフィール

yumrico*ヤムリコ

Author:yumrico*ヤムリコ
あっちにもこっちにも好きなモノ一杯。
色々出逢える本屋さんが好き。

 ◇my other blogs◇
  ・うたかた-notes
  ・香港タビ写真ログ
  ( 旧ツブヤキphoto*香港 )
  ・morela書庫

カテゴリー

本屋さん系リンク

最近のコメント

:Links:

モーネ工房
Art Photo Site
香港特別藝術区
TUM WEB
かんさい絵ことば辞典
~・~・~・
凹凸雑記
Noguri部屋。
我的日記
Khong saoな日々。

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索





楽天で探す
楽天市場

なんだかなぁ

2017.05.08 12:30|あれこれ
もやもや何だかなぁ~な事柄。

まず、2月に受けた癌検診の結果が、2週間過ぎても届かないので、
3月に病院に電話。
すると、区からの検診なので、まず区に検診結果を送り、返送されて
きたら私のところへ送るとの事。
お役所仕事は時間がかかるんだよね~と思い待っていたけれど、時は
既に5月。あまりに遅すぎるので、病院でなく区役所に行って問い合わせ
したところ、病院は3月に既に送付済みとな。
病院側から直接連絡がきて、話をきくと、郵送でなく宅配業者のメール便で
3月半ばに発送、投函済みとの事(個人情報なのでキッチリ管理してると
まるでコチラに非があるかのように言われる)。
え~~~。こちらはまだかまだかと待っていたので、誤って捨てる事は
考えられないし、建物の構造上、外から投函されたら、私以外ポストの
中身は出せない仕組みだし。
部屋番号間違って投函されてないかと部屋番号を口にしたところで、
え?○○5号じゃないですか?とな。
いやいや○○1ですけど!?と言ってから、前住所に送られたと悟る。

続きを読む >>

届いた~

2017.04.29 00:00|物etc.
今月初旬に注文して20日ほどで私の手元にやってきた指輪。
パワーストーンのブレスレットか何か欲しいなあと思っていたけど、
指輪だったらもっと控えめでいいかなぁと即決したものの
石を7石どうするか、並び方をどうするかで悩みに悩んで
即オーダーとはいかず(実は見つけたのは3月下旬)。
天然石(パワーストーン)の意味や良い組み合わせを調べたりしながら、
グリーントルマリン(別料金)を真ん中にする事はまず決定。
で、両隣にスモーキークォーツ、その次はガーネット、両脇にシトリン
計4種類の石を使ってイエローゴールド作って貰う事に。


自分が選んだ地金や石の指輪は特別感があって嬉しい!けれど、
グリーントルマリンの色が明るすぎて、ペリドットに思えて仕方がない・・・。
ペリドットはもっと色が薄いのかもしれないけど。
グリーントルマリンって深い緑色しかないとばっかり思ってたわぁ。
持ってたグリーントルマリンのピアスは、もの凄く深い緑色だったし。
深い緑とピンクゴールドは、あんまり合わないから、大好きなピンク
ゴールドをやめて、地金はイエローにしたのに、この色なら全然ピンク
ゴールドで良かったなあ~。
他にも石の事で、2、3思うところはあるけれど、他の人が見ても何も
わからない、気づかない程、石が小粒です(良い意味で)。
お守りになるかどうかはわからないけど、毎日つけてます。
仕事の時以外つけっぱです。
・・・・・この石の並びプラスαでブレスレットもいいなあと考えたりして。
それよりやっぱモリオンとかオニキスとかが必要かなぁ・・・。
マラカイトもいるかなぁ・・・・・・。
ま、そんな散財してる場合ではないのだけどね(苦笑)。
・・・・心の拠り所が必要な時ってあるんだよねぇ。







福寿草

2017.04.01 12:01|季節の

花言葉は、「幸せを招く」、「永久の幸福」、「悲しき思い出」

fukujyu.jpg

幸せと悲しい思い出とは、これ如何に!?と思ったら、
和名の「福寿草(フクジュソウ)」は、幸福と長寿を意味し、新春を祝う花として
名付けられたそうだけど、
英語名は、Far East Amur adonis ってウィキペディアに載っていて、学名の
「Adonis(アドニス)」は、ギリシア神話でイノシシに殺された美少年アドニスの
名前に由来するとか。
それで、英語の花言葉は、悲しい感じみたい。
それを訳して「悲しき思い出」なんだな。
ふむ。



昭和にハマる

2017.03.07 00:00|myメモ+這α
正確には、昭和70年代歌謡にハマっております。
と言っても尾崎紀世彦と相楽直美しか聴いてませんけどね。
きっかけは、ハナレグミのカバーアルバムに収録されていた
『いいじゃないの幸せならば』が相良さんの曲だと知ったから。
原曲を聴いてみようかなと。そしたらハマった!

そんでもって尾崎紀世彦って声量は勿論、英語の発音も良過ぎ!
こんな歌い手さんはもう現れないのだろうなあ。
全然知らなかったけど、映画音楽のカバーも多数歌われていて、
興味を持つのがもっと早ければ、洋画好きの父とも会話が増えた
だろうに・・・・・・残念。
っていうか生歌聴きたかった~~~~。


猛烈に↓このお得ボックスが欲しいのでありますっ!!




苦しみの日々 哀しみの日々

2017.03.03 00:00|書etc.
やっぱり色々あると読みたくなる、読み返さずにはいられない詩、
それは茨木のり子さんのこの詩。

『苦しみの日々 哀しみの日々』

携帯に入れてあるから、何時でも何度でも繰り返し読める。

私には厳しい言葉をくれる人が、ほぼ居ないから
甘えるな、負けるな、しっかりしろと自分自身で叱咤しないといけない。
でも自分には甘くて弱くて、すぐに他人のせいにしてしまいたくなるから
そういう時は、この詩を読む。
『自分の感受性くらい』も涙で読めない時があるけれど、『苦しみの日々
哀しみの日々』も例に漏れず。泣けて泣けて仕方ない時がある。
でも最後まで何度も読み返す。
今まで幾度となく読み返し、これからもそうするであろう大切な詩。


続きを読む >>