09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

プロフィール

yumrico*ヤムリコ

Author:yumrico*ヤムリコ
あっちにもこっちにも好きなモノ一杯。
色々出逢える本屋さんが好き。

 ◇my other blogs◇
  ・うたかた-notes
  ・香港タビ写真ログ
  ( 旧ツブヤキphoto*香港 )
  ・morela書庫

カテゴリー

本屋さん系リンク

最近のコメント

:Links:

モーネ工房
Art Photo Site
香港特別藝術区
TUM WEB
かんさい絵ことば辞典
~・~・~・
凹凸雑記
Noguri部屋。
我的日記
Khong saoな日々。

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索





楽天で探す
楽天市場

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茶チャーtea

2006.10.31 23:56|書etc.
お友達のブログで見かけた「お茶の快楽。」というタイトルがついた
『Esquire』の12月号を買いました。
「日本茶、中国茶、紅茶・・・・一服から幸福が訪れる」と副題にも
あるように、「お茶」の特集。
入れ方や種類などのお茶の基礎知識から歴史、産地、お茶受け、そして
東京と関西のお茶のお店紹介など盛り沢山。
「お茶」というカテゴリーでまとめてあるのは、非常に便利。
(ただし、上級者向けの内容ではありません)
煎茶のレモンミントティーは早速やってみよう。

シネマや本の紹介セレクトもなかなか良い感じな『Esquire』、今までの
特集記事からしても、オサレなパパ世代だけでなく『Esquire』を購入する
女性って案外いると思うのです。


<strong>Esquire</strong> (エスクァイア) 日本版 2006年 12月号 [雑誌]
この商品の詳細を見る


そうそう、数日前に出た『TITLe(タイトル)12月号('06)』は、スイーツ
特集。「最旬スイーツ全399個!」です。どれもすごく美味しそうでしたー。

どちらの雑誌もカテゴリーは、男性ライフスタイル誌だけど、
「TITLe」も特集によっては「買い」の時が多く、(でもいつもマメに
チェックしてないので)気づいた時にはどの店も完売って事がある雑誌
だったりします。


スポンサーサイト

relax・・・・

2006.10.23 01:06|書etc.
日曜日、久し振りに大型書店へ。
熱心にどれか一冊を立ち読みすることなく、座れるスペースで読む事もなく
ただひたすら色んな棚(コーナー)へ行ってチラ見チェック~。
ウェブ上の書店で見つけた本も、やっぱり手に取って中身を見なくちゃね。
それから新刊もチェックチェック。興味の対象がバラバラなのと、見たい棚の
前に先客がいるとゆっくり探せないので、兎に角1~4階まで行ったり来たり。行っては戻って・・・・の繰り返し。
細かく分類されて見やすい大型書店、「旅行」「紀行文」のコーナーには
他にはない本がたくさんあって嬉しかったけれど、「生活・暮らし」と称した
棚は、あまりにも多くをまとめ過ぎてパンパン。
もう少しスペースを広げて、他のコーナーのように細かく分類して欲しいな。
などと思いつつ、見たかった雑貨の本数冊は、「デザイン」のコーナーに。
そんなところにあるなんて、思いもしなかった!
北欧や東欧の雑貨の本、買い付け日記でなく店の紹介もなく、商品の写真
が主だと「デザイン」にも属するのか~。(パッケージの形や色がかな)

最後は雑誌で〆と思い久々に、TITLE・pen・BRUTUS・relax・
Esquire・・・・とチェックのつもりがrelaxが見あたらない。
男性誌のコーナーをぐるぐる回ってもないので、店員さんに聞くとなんと
relax、休刊したとの事。(帰って、調べてみたら9月号をもちまして・・・とな)それって、それって8月ぢゃん!!
今まで売り切れている事もしばしばだったし、なくてもそんなに気にしてなかったけど、そうだったのかーー。そういえば、休刊号って何じゃ?と思ったなぁ、表紙をチラ見してスルーする事を決定した9月号。
そうなんだーそうなんだーー。
休刊もショックだけど、昨日まで気づかなかった自分にもショック。
早めにバックナンバー探しに行かなくちゃ。取り扱いなくなるかも。

乙女の金沢―カフェ、雑貨、和菓子、散歩道…かわいい金沢案内←思わず買おうかと思う位、
予定外に心惹かれた本。↓
乙女の金沢―カフェ、雑貨、和菓子、散歩道・・・かわいい
金沢案内


乙女の金沢制作委員会 (2006/09) マーブルトロン
この商品の詳細を見る

その後、 タムくんとイープンを無事ゲットして家路につきました。
書店滞在時間、約2時間也。

From北海道

2006.10.20 20:28|物etc.
今週火曜日まで大丸で大北海道展をやっていたので、最終日に行って
きました。と言っても18時を過ぎていたので、とっくに催し会場は終了。
(終わっているとは思いつつ、取り合えず急いで行ってみた私)
すると、1階にマルセーバターサンドとロイズの売り場はあるとの事!

お目当てのポテトチップチョコレートとシャンパンの生チョコは完売で、
他に欲しかったチョコは出品なし。←ロイズのスタッフらしき人に質問。
なので、今回はブランデーがブレンドされている生チョコレートのビター
を購入しました。(+バターサンドもね)

ビターは初めて食べたけれど、やはり美味しい~!
ほのかに鼻に抜けます、ブランデーのかほり。(ちなみにビターが
一番洋酒が効いてるそうです。お酒の弱い人は要注意?)
美味しいチョコレートには、無論珈琲!ということで、
バクバク食べず、珈琲タイムに大事に大切に味わって食べております。
冷蔵庫にロイズの生チョコがあるというだけで、ラララ~な気分♪
あきらめずに大丸へ立ち寄ってよかった~(笑)。

なのですが、やはりシャンパンの生チョコが・・・あきらめきれませぬ。

ロイズ生チョコ シャンパン
と、友達にメールをしたら、『リップクリームとハンドクリームも気になる
ところ。』と返信が。・・・・ロイズでは、カカオの成分を使った身体にも
環境にもやさしいシャンプーなんかも販売しているのですね~。へぇ~。
アールズココア 全然知らなかったです。
カカオバターの保湿力ってどんなか一度試してみたいものです。


*文中のロイズのスタッフらしき方は、やはりロイズのスタッフさんでした!
そうとわかってちょっと嬉し。(HPで確認しました~)

おでかけetc.

2006.10.17 01:27|展etc.
先週末、京都は四条烏丸にあるCOCON烏丸へおでかけ。
お目当ては、3階のshin-bi(リンクからどうぞ)。こちらのお店は、
デザイングッズやアートグッズ、書籍etc.と京都精華大学の学生さんや
卒業生、その他の作家さんの作品の展示や販売及びワークショップ、イベント等も開催されるアートスペースです。(かわいいアクセサリー発見!)

そんなshin-biで現在、グラフィックデザイン工房 モーネ
(井上由季子さん主宰)の『 モーネ日用品店 』が、3週間だけOPPET
(OPEN)です!(10月13日~11月5日まで・営業時間は11時~21時)

そこには、ほっと一息できそうな、あたたかいモノ達が並んでました。
(小さな焼きもの達、お皿(豆皿)や片口、花瓶(壺)や針山など。
+ リネンの布製小物やカードetc.)

工房のウェブサイトへお邪魔した時も思ったけれど、今回出合った小物たち
(作品といった方がいいのかな)も、シンプル過ぎず、甘すぎず何とも
言えず心地よいのです。それはカタチであったり色であったり。素敵です。

井上さんの本も数冊並んでいて、私がとても熱心に見入ってしまったのが、
ありがとうのカタチ―Thank you card 170

(・・・・この後、続き(熱く語っていたのに)があったのだけど、保存する
前に先にプレビューをクリックしてしまい、それと同時にPCの調子が悪く
なり消えちゃいました。脱力。嗚呼、何度も同じミスをしています(泣)。
うぅ。そんなこんなで続きは又後日~。)

そうそう、今週末、工房モーネの「包み」のワークショップもありますよ。
21日は「箱包み」で、22日は「紙包み」だそうです。
*締め切りは各回2日前までだそうですが、定員の事もあるので、
興味のある方は、一度問い合わせてみて下さい。
ワークショップ詳細は、→ コチラ


紙から生まれる暮らしの愉しみ
紙から生まれる暮らしの愉しみ
井上 由季子 (2005/01)
主婦と生活社


この商品の詳細を見る


タムくん・・・・

2006.10.10 02:04|書etc.


10月初めに、親戚のおばさんからバースデーカードが届きました。
中には図書カードも!(多謝多謝~)欲しい本は一杯あるので、早速使わ
せて貰う事に。前からチェックしていた本屋さんへ向かうも時既に遅し。
在庫切れで買えず。何を買うつもりだったかと言うと今年7月に出版された
タムくんとイープン

タムくんとイープン

タイからやってきたタムくん。神戸に住んでいたタムくん。
(タムくんは、著者(ウィスット・ポンニミット)の愛称)

出版された当初は、三宮の本屋さんでも一番目立つところにずらっと
積み上げられていたし、地元新聞にも取り上げられた事がありました。

そんなタムくんの存在を知ったのは、彼が帰国する数ヶ月前。
ミニ・ライブがあったのです。でも、気づいた時には定員一杯。
(思えばそれが最後だったのね・・・・・。行けなくて悲し。)

タムくんの事、ちょろっとだけ知っていたけれど、残念ながら
作品の全貌(中身)は、今回の本で初めて知る事に。

すごいな!タムくん。勝手に絵から想像して、内容ももっとゆるいと
おもっていた私(ごめんなさい)。こんな内容だったとはツユ知らず。
絵はテキトーっぽいのに(失礼)、かなりシュールな展開でびっくり。

続きを読む >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。