09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

プロフィール

yumrico*ヤムリコ

Author:yumrico*ヤムリコ
あっちにもこっちにも好きなモノ一杯。
色々出逢える本屋さんが好き。

 ◇my other blogs◇
  ・うたかた-notes
  ・香港タビ写真ログ
  ( 旧ツブヤキphoto*香港 )
  ・morela書庫

カテゴリー

本屋さん系リンク

最近のコメント

:Links:

モーネ工房
Art Photo Site
香港特別藝術区
TUM WEB
かんさい絵ことば辞典
~・~・~・
凹凸雑記
Noguri部屋。
我的日記
Khong saoな日々。

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索





楽天で探す
楽天市場

さよならキューちゃん

2007.10.20 23:11|あれこれ
おそらく今年最後のきゅーちゃん漬け(もどき)を本日完食しました。

夏に手作りきゅーちゃんのおすそ分けを貰って以来、挑戦する事5回。
手順は聞いたけど、分量を聞いてないので(ま、テキトーでできるかと
思っていた)、最初は生姜の入れすぎで辛くて、次は全体的に味が薄く、
その次は醤油辛く、4回目は甘すぎて、5回目は、まぁまぁ。でも・・・
以下省略。 不味くて食べられないという代物には一度もならなかった
けれど、兎に角、なかなか思い描く味と色にならず。食感はいいんだけど。
(キュウリがどれだけ水分を含んでいるかで味が変るような気もするのです)


9月の終わりに作ったモノ。余裕で冷蔵庫で1ヶ月は持ちます。
私的には、もっと茶色くなって欲しいのよぉ~~。


美味しいお醤油も教えて貰ったし、又来年、きゅうりの安い時期にでも
再挑戦してみようっと。
(漬け汁も焼き飯の味付けなんかに再利用可~)


どのコが好み?

2007.10.07 01:38|forコドモ?
友からプレゼントされて、初めて知った『こけちぃ。』
こけし+こける+ちぃさい=こけちぃ。
この説明を読んで『なんじゃそれっ!』って思わず突っ込んだ。

うなずきんちゃんと違うのは、音に反応して喋って倒れること。
(ひとりゴト、ひとりゴケらしい。手を動かして勝手にずっコケ
その上、血液型を言い当てちゃう!?
(当たった試しがなく、「え~ちがうの~~」と言って倒れた。笑)
1万5千通りも喋っちゃう!?
(いっぱい遊ぶと台詞が増えていくそうで。遊ぶって言うてもさぁ・・苦笑

ちなみに、対象年齢13歳。(台詞の内容がOLみたいなのもあるけどね)

*激安期間は終了した模様↓ご了承願いマス(追記)
*↑カーソルをあわすと、大きくなってコメント(私の)も全部読めます☆
*アマゾンの説明では、対象年齢8歳、お喋りは2万語となってるけど
間違いで~~~~すっ。(そのうち訂正されるかも?)


別の友達に実際に見せて、アマゾンでのこだんごちゃんの
扱い(←値段ね)を話したら、そっこー「買っといて!」と
頼まれました。笑(その友達は常にオフラインな生活なのですゎ)


初・暮しの手帖

2007.10.01 02:09|書etc.
暮しの手帖 2007年 10_11月号 [雑誌]

ビジュアルブック屋さん等で、何年もしくは何十年か前の暮しの手帖を
見かける事はちょくちょくあったけど、現行版も含めて一度も手に取った
ことがなかった 『 暮しの手帖 (←わりと古本も良い値段で売ってますよ)』、
今回、初めて購入しました。 暮しの手帖 2007年 10_11月号 [雑誌]

それは何故かと言われたら、表紙の 『ヒルサイド・パントリー代官山、
ドーナツとマドレーヌ
』 という文字に惹かれてまず手に取って、最初の
方をぱらぱらめくって、その特集のひとつであるドーナツのページを
見た瞬間、絶対に買おうと決めた次第です。 うーん美味しそう。

ヒルサイド・パントリー代官山、オープンして15年なのだと知りました。
ならば、私が訪れたのは、オープンして3、4年目の頃になるのかなぁ。
(当時、関東で就職した友達がいたので、東京駅で待ち合わせをして、私が見たかった
展覧会と行きたかったヒルサイド・パントリー代官山へ行くのを付き合ってもらった事が。
その頃、日本ではココでのみ取り扱いというイタリアのパスタとチューブ入りのアンチョビ
ペーストを買ったのを覚えています。なつかしい。行ったのはこの時が最初で最後。)


お家で読んでいる時に、もっと後方に『 茨木のり子さんの家をたずねて 』
というページがあることに気がつき、やっぱり買って正解だ!と嬉しくなり
ました。ふきん読本もなかなか為になる特集でおもしろかったです。
やっぱり日本でも消毒する時は、お鍋で煮沸消毒するんですね~。
わざわざ(?)写真つきで紹介してありました。笑


それにしても、暮しの手帖って、こんなにセンスのある素敵な雑誌だった
とは、露知らず。挿絵も写真も文章も、どれをとっても良い感じ。肩の力が
ふっと抜けるというか、あったかいというか、取って付けた感もなく無駄な
広告のページもなく、ずっと取って置いておきたくなる気持ちわかるなぁ。
行間も広くて読み易し。です。

主婦じゃないけど、今後もちょくちょくチェックする事にしました。はい。
(・・・ターゲット世代が今一わからんのですが、「婦人公論、ミセス、
マダム」世代なのかしらん?)