10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

プロフィール

yumrico*ヤムリコ

Author:yumrico*ヤムリコ
あっちにもこっちにも好きなモノ一杯。
色々出逢える本屋さんが好き。

 ◇my other blogs◇
  ・うたかた-notes
  ・香港タビ写真ログ
  ( 旧ツブヤキphoto*香港 )
  ・morela書庫

カテゴリー

本屋さん系リンク

最近のコメント

:Links:

モーネ工房
Art Photo Site
香港特別藝術区
TUM WEB
かんさい絵ことば辞典
~・~・~・
凹凸雑記
Noguri部屋。
我的日記
Khong saoな日々。

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索





楽天で探す
楽天市場

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これからもお願いします

2006.11.12 02:06|書etc.
友達の厚意に甘えて、誕生日にリクエストしていたモノを
いただきました~。(ちなみに私の誕生日は先月ですが。笑)

そのモノとは本です。香港の現在(いま)は無き、九龍城砦(くーろんじょうさい・高層高密で迷路のようなスラムと化した悪名高き住居空間)の写真集。


最期の九龍城砦 完全版最期の九龍城砦 完全版

中村 晋太郎 (2003/08)
新風舎

この本は、住民が強制退去させられた後の九龍城砦を撮り収めた写真
(モノクロ)と少しの説明文で構成されてます。
クリアなケースに本は入っていて、そのケースには赤で説明とも言える文が
書いてあります。(その中に、12日間延べ41時間に渡り九龍城砦に潜伏
して調査し写真に収めた。と記されている)

九龍城砦の存在を知らなかった友達が、一体何それ?と聞いてきたので、
知る限りの事を説明しつつ、一緒にパラパラと中を見ていて九龍城の建物
などの配置図のページを発見。「こんなん自分ち帰れへん!」と友達が
ひとこと(笑)。それ位かなりの密集度でした。ここで人々が生活していた
のか!と本当にびっくりする事しきり。
他の人が出してる大型本も益々欲しくなりました。カラーでも是非見たい!
(でも全部値段が高い・・・。ぼそっ)

ちなみに、同じ友達に去年の誕生日には野崎歓先生(東大の助教授で
仏文学者、翻訳家、映画評論家でもある)の著書、香港映画の街角をリクエスト。(・・・奥が深くて、いまだに半分しか読み進んでおりませんが。汗)
トゥーサンの小説は全部訳されているようで、びっくりしました。そんなお方がこんなにも香港映画に詳しいだなんて。
香港映画の街角

来年も『香港』関連の本を同じ友達にリクエストするつもり。
これからもよろしくお願いします。ぺこり。(笑)

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。